お知らせ

その一

こちらこちらの書籍を翻訳された方の論攷「中島京子『イトウの恋』における翻訳の役割」が公開されている。ここをクリック。かなり以前『トラデュイール』という電子同人誌(?)に寄稿していただいたもの。「原典が隠そうとするものを明るみに出す」という翻訳の力、「遠ざけつつ媒介するもの」の力、そして「日本語の未来」について。あるいは『イトウの恋』がなぜ「傑作小説」なのかについて。

 

その二

noteを始めた。最初の記事は「下読みをやめた」。

 

わたしは自分で夢から覚めることができる

 

ひさしぶりに永井均の『〈子ども〉のための哲学』を読む。「ぼくはよく夢を見ながら 『これは夢だ』 と思うことがあるけど、だからこんな夢からさめよう、とりきむと、それには成功したためしがない。たぶん、夢の中でこれは夢だという内容の夢を見ているからだろう」(186頁)

今から4年くらい前、どこかの温泉の旅館に泊まったときの話。灯りを消したあと、布団の中で、まだ幼い息子が唐突にこういった。「ぼくは怖い夢をみても、XXXをすればこっちの世界に戻ってこれるんだ」

ぎょっとした。息子がとちくるったことをいい出した――からではなくて、その「XXX」のやり方が、わたしのやり方とまったく同じだったからである。遺伝したのだ。びっくりだ。

わたしは自由に夢から覚めることができる。だから「自分は今、夢を見ているかもしれない」というような、よくある懐疑が、ぴんと来ない。もしこれが夢なら、わたしは「これは夢だ」と確信する(懐疑するのではなく)はずだし、この夢から覚めることもできるはずなのだ。

でもできない。

それはたぶん、これが夢ではないからだ。

ただ、この考え方には穴がある。わたしは夢の中で、「これは夢だ」ということを、たえず反芻しているわけではない。何かの拍子でそのことに気づく。だから、もしかしたら、この長い夢みたいな人生みたいな夢みたいな日常において、まだこの「拍子」が聞こえていないだけかもしれないのだ。

もうひとつ。

わたしは自由に夢から覚めることができます、なんていうけれど、ほんとうにわたしは自由意志で目を覚ましているのだろうか。怖い夢を見て目が覚めることは、よくあることだろう。じつはわたしの場合も、これと大差ないのではないか。つまり、わたしの場合、「これは夢だ」と考える局面が、当の怖い夢のうちに含まれているのではないか。わたしが怖い夢を見て、XXXのやり方を使って、自分の意志で目を覚ます。けれど、それはそういうつもりなだけで、そのやり方をとるということが、たんに怖い夢を見た場合の、その怖い夢の中での、自動的な反応にすぎないのではないか。お決まりの内容ということだ。したがって、わたしの体験も、たんに怖い夢を見て、恐怖のあまり目を覚ますという、ごくふつうの体験である。終わり方の似ている怖い夢を繰り返し見ているのである。そういう可能性は捨てきれない。

たしかめるには、こうすればいい。前に見た怖い夢と同じくらい怖い夢を見ているとき、XXXをやらないで、こらえることだ。怖い夢を、がまんして、終わりまで見つづける。ひゃあ。そんなことができるのか? そもそも夢って終わりがあるのか?

ていうか、もしかして、じつは今、すでに、がまんしているのだったりして。そのがまんしているということを忘れているだけだったりして。かちーん。

『日本の言語の起源の補綴――La prothèse d'origine de la langue : j(aponaise) 』について

ようやく『日本の言語の起源の補綴』を書き上げることができた。翻訳論のつもりで書いたが、ジャンルとしては、オールドスタイルの――反時代的というべきか――文芸評論にあたる。こんなもの、いまどき誰が読むのか、という気がする。世間的にはまったく無意味な仕事であり、自己満足の賜物というほかない。

14万字、400字詰め原稿用紙換算で350枚になる。

書き始めたのが2018年5月5日だから、6年近くもの月日を費やしている。さらにいえば、同名の記事をこのブログに上げたのが2015年7月10日、構想メモを取り始めたのが2013年5月20日。この程度の文章を完成させるのに10年以上もかけてしまった。文才がなくて、ほんといやんなる。

古文も漢文もろくすっぽ読めない自分であるが、やるだけのことはやったという自負はある。

高密度で書いた。難解なところもあると思う。できるかぎり不遜な物言いを心がけた。読んで不快な思いをする方もおられるだろう。

書きたいから書いたものだ。発表のあてはない。自費出版するつもりである。